忍者ブログ
[17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7]

DATE : 2017/12/11 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE : 2006/07/03 (Mon)
人気お笑いコンビ、オリエンタルラジオ中田敦彦が2日、女性問題も吹っ飛ぶ“武勇伝”を図らずも演じてしまった。
東京・神宮球場でメーンパーソナリティーを務める日本テレビ・読売系の「第26回全国高等学校クイズ選手権」の収録中、上空ヘリからパラシュートで降下した際、強風にあおられ、何と皇太子ご一家などのお住まいにある赤坂御用地内に不時着。テロの警戒にあたっていた警備関係者を仰天させた。

午後零時45分。中田敦彦はタンデムダイビング(プロのインストラクターがくっ付いた形)で上空2100メートルのヘリからパラシュートで降下を開始した。同局の名物クイズ大会の関東予選、第1問だった。○×クイズの正解を示すため、同球場内の「○」か「×」いずれかのコーナーに着陸予定だった。
しかし、着陸直前に2人は強風に襲われた。パラシュートは風に流され、上空を見上げる高校生の視界からあっという間に消えてしまった。
しかも、不時着したのはよりによって赤坂御用地。球場から北東方向に約1キロ流され、迎賓館に近い「鮫が橋門内広場」の東約50メートルの空き地だった。御用地内には皇太子ご一家の東宮御所、秋篠宮さまら皇族の住まいがある。皇宮警察が警備する真っただ中にパラシュートの2人組が突然飛び込んで来たのだから、関係者は騒然となった。
テロの可能性も考えられたため、皇宮警察本部からは警官数人が急きょ駆けつけた。同本部は「こんなケースは初めて見た。二度とないように気をつけてほしい」とおかんむり。2人にケガはなく、同局のプロデューサーも含め、事情聴取のうえ、厳重注意のキツ~いお灸を据えた。

同局は風速15メートル以上で中止と決めていたという。午前中のリハーサルは成功しており、関係者は「本番当時は10メートルほどの風だった。大丈夫だと判断した」とダイブにゴーサインを出した。気象庁は「当時の風速は8メートルだったが、雨雲が迫っていたので突風が吹いた可能性があります」としている。
中田敦彦は番組収録に姿を見せなかったが、東京・渋谷の劇場での仕事は2人でこなしたという。同局は「インストラクターにベテランの人を頼んだが・・・突然の強風に流された。関係者にご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と平謝り。午後6時からの「バンキシャ」の中でもキャスターが謝罪した。

いやいや一歩間違ったらヤバかったかもしれないが、これがオリラジ中田の武勇伝になること間違いなし???
あっちゃんかっこいい・・・のかな???

オリエンタルラジオ 1
PR
●この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
●この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]